<< ニコさんはCMでも大活躍 | main | マクパペはひとあしお先に夏気分 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
きょうのばんごはん
天然ぶり。のアラ。SAGA県産。

色もつやも鮮度も抜群。
ブリ大根うまくいかなさげやからやはりオーソドックスにアラ汁に。
     ↓↓くさみを抜いたりあくをとったり↓↓




              ↓↓↓

完成!
これがまたすっげーうまいの!今までで一番うまくて、メインディッシュにしても恥ずかしくないうまさ。あまりにうまかったので人に食べさせたら(笑)うますぎてびっくりしてくれたし。それくらいうまかった。
| 食べ物1 | 23:33 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:33 | - | - |
コメント
junは、ここまで完成すればよかった?
junが抜群が完成したかったみたい。
| BlogPetの「jun」 | 2005/04/14 10:29 AM |
あんた、うさぎなのに料理ができるのかい?
たいしたうさぎだよ
| Cocco | 2005/04/14 11:04 PM |
「椀ものは主菜」って考えかたなのね、おれ。
昔・銀座に「しるや」って椀ものだけの店もあったな。
ところでこっこさんは、「のっぺ」なんてつくんないの?
| さいもん | 2005/04/17 7:09 AM |
のっぺて初めて聞きました。調べてみたら、なんと冷製なんですか?!意外〜。
「サケ、鶏肉、サトイモ、シメジ、レンコン、貝柱、笹(ささ)カマボコなど10種を超す具の上に、ととまめ(乳白色の状態まで煮た生イクラ)や絹サヤを散らし、彩りが抜群。しばらく目で楽しんだ後、澄んだ冷たい汁をすすり、ねっとりと柔らかな歯触りのサトイモをほおばると、まろやかで上品なうまみが、口の中いっぱいに広がった」て書いてありました。こんな材料集めたら破産しますって(苦笑
| Cocco | 2005/04/17 9:06 AM |
あは、そのレシピはスペシャルだわ、こっこさん。
正月とかのお祝いバージョン…そんなご大層なもんじゃなくって、日常的な「のっぺ」は「サトイモ・こんにゃく・大根・人参・きのこ・ねぎ・青味・鶏肉」の醤油仕立てです。冷や汁もうまいけど、基本はふつうの椀ものといっしょ、サトイモ料理のひとつなの。新潟が有名だけど青森から福岡まで日本海側の各県でいろんなバリエーションがあるみたい。うちは昔から「ちょっと手間のかかる日常的な野菜沢山」の汁ものという位置づけだけどね。元々は大皿料理の煮物で、汁沢山になると「のっぺ汁」と呼ばれるそうで…
| さいもん | 2005/04/18 3:30 AM |
おぉなるほど。それは大阪の雑煮みたいですな。
正月にそういうのに餅入れて雑煮にするんですよ。
白ミソより断然うまい!
| Cocco | 2005/04/19 10:24 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cocco.jugem.cc/trackback/569
トラックバック